業界トップの社労士事務所が考える社労士業界の今後の動向とデジタル化への変革

0928サムネ

セミナー概要

社労士業界は、変革の時期に来ております。社会全体のデジタル化が急速に進んでおり、社労士業界もデジタル化に対応することが求められております。社会の要望からも、社労士の業務のデジタル化による業務の効率化と付加価値の創造は待ったなしで取り組むべき課題です。

本セミナーでは、業務の自動化・デジタル化によって、より社労士の本質的な業務に取り組む事務所の事例を交えながら今後の社会に必要とされる社労士像についてお話しします。

講師

葛西美奈子
社会保険労務士法人TMC 特定社会保険労務士
株式会社TMC経営支援センター 代表取締役
一般社団法人 労務コンプライアンス協会 代表理事
一般社団法人全国労働保険事務組合連合会栃木支部 副会長

日本有数の社会保険労務士法人で、人事労務に関する相談・指導、労務監査、個別労働紛争解決あっせんなどに対応。
講師としては、働き方改革推進支援センターや医師会などから委嘱を受け、働き方改革や人事労務管理等の講演を実施する他、各企業からの労務管理研修・幹部教育の要請にも応えている。コンサルティング事業では、ISOやBCPの構築・運用支援を行う他、近年はRPAの開発と導入支援にも注力している。