社労士が知っておくべき2022年重要労働判例の徹底解説

1216seminar5

セミナー概要

本セミナーは今年最後のまとめとして、2022年に労働経済判例速報として取り上げられた実務上重要と考えられる裁判例について、労働法分野に精通した弁護士が徹底的に解説させていただきます。
具体的には、社労士の先生方の日々の業務の中で良く直面する問題であり、かつ、労使紛争に発展しやすい問題(例えば、解雇、雇止め、合意退職、休職、就業規則等)に関連する重要裁判例をピックアップさせていただき、前提となる重要基本知識の整理、裁判例の内容及びこれを踏まえた実務上の留意点の解説をさせていただきます。
先生方にとって有意義な情報をお届けさせていただきますので、この機会に是非ご受講ください。  

講師

弁護士法人フォーカスクライド
代表  佐藤 康行(Yasuyuki Sato)
大阪大学法学部首席卒業。京都大学法科大学院首席修了後、同年司法試験に合格。
弁護士法人淀屋橋・山上合同での勤務を経て、2016 年にフォーカスクライド法律事務所を開設、2018 年同事務所弁護士法人化。
法律に留まらず、経営に関するアドバイスを含めた、顧問サービスが支持され、現在、150社以上の顧問先を持つ。